CT診断で安心

HOME > CT診断で安心

CTにより患者さまのお口を把握した治療を行います。

インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。 レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですがインプラント治療の術前検査としては完璧なものではありません。

例えば、インプラント手術において危険領域となる神経や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことはできません。
CTによる精密検査の結果、最終上部構造装着時のベストポジションの想定や不必要な骨移植・骨造成の回避、そして、フラップレス手術が可能かどうかの判断ができるため、理想的な治療計画がたてられます。さらに、CTデータを元にしてコンピューターでシミュレーションすることができるのも大きな利点といえます。

当センターでは、インプラント治療の前にCTデータをシミュレーションソフトへと取り込み、患者さんの顎骨の状態や骨質を精密に診断した上で、使用するインプラントの種類や径、長さ、角度などを決定していきます。このコンピュータシミュレーションによってインプラント治療の安全性をさらに高めることが可能になりました。

ノーベルガイド例

インブラント治療を行う前のCT診断では、医科用CTを使用して3次元のデーターを取得し、ノーベルガイドシステムにて解析します。

左記の画像はノーベルガイドシステムにて解析した結果を高精度に反映して、インプラント埋入位知、角度、深度をサポートするための器具の1つです。
インブラント治療の技術は今後も安全面でもコストパフォーマンスも抑えられる治療法として確立していくことでしょう。

医科用CTを使用する理由

医科用CTを使用する理由

当センターでは骨の状態を的確に把握するために医科用CTでの撮影を行っています。

(1) 骨量診断:3次元( 立体) 空間の把握が可能で実寸での骨の計測が可能。
(2) 骨質診断:CT 値による骨密度の把握が可能。

医療用CT は近隣の病院と提携し撮影を行っております。

医科用CT撮影・提携病院

病院名 郵便番号 所在地
医療法人御池クリニック 604-8436 京都市中京区西ノ京下合町11(西大路御池西南角)
島津メディカルプラザ1F・2F