院長紹介

HOME > 院長紹介

院長

初めまして、インプラントセンター京都の院長 武知幸久です。
私たちのホームページをご覧頂きありがとうございます。
ここでは、インプラントセンター京都ができるまでのお話と
私がインプラント治療を始めた理由
をご紹介させていただきます。

はじめての歯科治療

はじめての歯科治療

小学6年生のある日、私は、前歯の歯と歯の間に小さくて、黒いむし歯が出来ていることに気付きました。
子供なりに、むし歯を放って置いたら良くないと思いましたので自宅から一番近い歯科医院に行くことにしました。これが、私のはじめて受けた歯科治療でした。

最初の治療は、かなり痛くて辛かったことを覚えています。あの注射の針を刺す痛みは今でも忘れられません。

そしてあの" キュイ~ン" という痛そうな音でさらに恐怖心が増幅しました。 治療が終わってから先生から歯の神経を取ったからと伝えられました。その言葉を聞いて私は疑問に思いました。小さいむし歯だったのにどうしてたくさん削って神経を取ったのだろう。簡単な治療で終われると勝手に思い込んでいた私にはその言葉はショックでした。子供ながらにそう思った事を覚えています。

その後、小学生の私は、もし将来私が歯医者になって、自分の家で歯医者をすれば、うちの近所の人達にもっと良い治療(?)が出来るのではないかと妄想(?)するようになりました。これが将来の職業として歯医者を意識するようになったきっかけでした。

恩師との出会い

恩師との出会い

それから大学の歯学部に入り、ほどほどに勉強をしました。
(正直、あまり勉強は好きではありませんでした。)そして卒業後、大学の近くの開業医のもとで勤務医として修業することにしました。早く一人前になりたいと思っていたからです。しかし、卒後1年目の私には患者様の治療どころか、全く何もできませんでした。
自分の技術、知識、経験、さらに情熱のなさを痛感していました。大学で学んだことだけでは全く対応できず、いろいろなことをたくさん学びました。

  • でき得る限り痛みに配慮しなさい!
  • 患者様は君に何を求めているのかね!
  • お年寄りと子供を大切にしなさい!
  • 自分なりのフィロソフィー(歯科医としての哲学) を持ちなさい!
  • これからはインプラントの技術が必要な時代になるよ!

修行時代に院長先生から戴いた言葉のほんの一部です。今、私の歯科医としての基盤はここにあります。とても熱心な院長先生で当時は正直しんどい思いもしましたが、今では大変尊敬している恩師です。今でも大変感謝しています。
その後、縁あって京都の歯科医院で勤務することになりました。
この頃になりますと、ほんの少し臨床に自信と余裕が出てきましたので日々の診療からいろいろ学ぶことができるようになりました。
そして自分が子どもの頃に受けた前歯の治療についても理解できるようになってきました。 見た目が小さいむし歯でも長い間放置されているものは意外と奥まで進行していることがよくある。さらに、痛くなくても時には神経のすぐ近くまで進行していることもあり、神経を取らなければならないこともある。

感謝

小学生当時、「自分のむし歯は小さい」と自分で勝手に思いこんでいたのかもしれません。
いろいろな知識と経験を重ねることで自分の考えは正しくなかったのではないかと思うようになりました。今、私の前歯はいわゆる" さし歯" になっています。
この歯の治療がきっかけで私は歯科医の道を意識することになりました。
さらに、この歯の治療を何度か受けることで患者様の気持ちも少なからず理解できるようになったのではないかと思います。

感謝

私が子供の頃、私の前歯を治療して下さった先生に、今では大変感謝しています。間接的に、様々な気づきを得るきっかけも与えてくださいましたし、なによりも、今の私は、この先生がいらっしゃらなければ存在していないかもしれません。

インプラントセンター京都

最初歯科と関わりを持った子供の時、私は患者様の立場から歯科を見ていました。
その見方は歯科医となった今でも変わっていません。
「患者様の立場から見る」ことが、インプラントセンター京都を開業した時からの大切にしていることです。
よく耳にする平凡な言葉かもしれません。しかし、この一言にはいろいろな意味が込められています。
とても重みのある言葉だと理解しています。
患者様の立場から見れるから、互いの信頼関係を築くことができ、ひいては患者様の満足につながるのではないでしょうか。「 ここの歯医者に来て良かった!」と言っていただければ、それが私たちに対する最高のほめ言葉です。

私がインプラント治療を始めた理由

私は大学を卒業して以来、2万人以上の患者様の治療に関わってまいりました。
現在、10年以上にわたって健康のお手伝いをさせていただいている患者様は、かなりの数にのぼります。
歯科医師として駆け出しの頃、ある一つの悩みがありました。
それは、当時の自分の技術では『咬合崩壊』を食い止められない、という問題だったのです。

感謝 感謝

『咬合崩壊』という言葉は、何か難しくて、聞きなれない言葉だと思います。
咬合崩壊=噛み合わせが壊れていくこと、とはどういうことなのでしょう。簡単に言えば10~20年間の間に、奥歯から順番に前歯の方に向かって歯がなくなっていき、やがて総入れ歯になっていく過程のことです。
私はその頃、ブリッジや入れ歯でこの問題を食い止めようと何度も試みましたが、最初のうちはよく噛めて一見するとうまくいったように思えていました。しかし、やがて時間が経つと負担がかかっている歯に問題が起こるのです。
これまで拝見してきた多くの患者様は少しずつ奥のほうから歯がなくなり、だんだん入れ歯の大きさが大きくなっていき、10年から20年くらいで総入れ歯になっていきました。

私が歯医者になった頃(25年位前)のインプラントは、今のように長期的に安定する品質の良いものがありませんでした。勤務医時代に目の当たりにしたのは、次々にダメになっていくインプラントの山だったのです。

「インプラント治療は、安定性がなく治療には使えない」当時、私はそう感じていました。
だからと言って、ブリッジや入れ歯では残った歯を救えない。頼みの綱のインプラントも長く持たない。どうしたらよいのかわからずに、長い間悩み続けました
それから何年か経ってから、表面がザラザラしていて、ネジのような形をした新しいインプラントが開発されました。このインプラントは大変素晴らしい治療成績があることを知ったのです。

インプラント

このインプラントを早々使い始めました。この新しいインプラントは、私がかつてインプラントに対して抱いていた悪いイメージを打ち壊してくれました。自信を持って患者様にお勧めできると、その時初めて思ったのです。
そうして、インプラント治療だけがこの咬合崩壊を食い止めることができる治療方法であることを確信したのです。
患者様の歯を守り、これ以上抜かないための最善の治療方法はインプラントしかないのです。
そして、何よりもインプラント治療を受けられた患者様に、大変満足していただいており、本当に喜んでいただいています。
これが、私がインプラント治療を始めた理由なのです。

私たちの使命

健康で豊かな人生を過ごしたいと誰もがお考えのことと思います。しかし、お口の中の問題で悩んでいらっしゃる方は以外に多いと感じています。健康を保ち、豊かな人生を過ごすために欠くことができないものは、病気になってから治療するのではなく、日常の快適な食生活が一番大切ではないでしょうか。
私たちは予防歯科が皆様の健康にとって非常に大切だと考えています。予防歯科はむし歯や歯周病からあなたの歯を守ることが真の目的ではありません。

私たちの使命

歯を守ることであなたの健康を守ることが目的なのです。すなわち、歯を失うことから引き起こされる病気を予防しているのです。不幸にして歯を失ってしまった方にとって、これらの病気を予防し、豊かで快適な人生を過ごすための最良の治療方法がインプラント治療なのです。
痛くないように、快適に、おいしく食事ができるようにお手伝いすることが、私たちの使命であると考えています。
私たちが、皆さまのお役に立つことができれば幸いです。