静脈内鎮静法

HOME > 静脈内鎮静法

部分入れ歯ではあなたの歯を守れないことをご存知でしょうか?

歯医者さんに通って歯がなくなったところに部分入れ歯を作ってもらっていても、やがて総入れ歯になってしまうのです。
これは事実なのです。

奥歯が1~2本なくなってしまった時にそこを放置しておいたり、部分入れ歯で補ったりしたことにより、他の歯の負担が大きくなります。

一番負担のかかっている歯は、だんだんその負担に耐えられなくなりやがて無くなってしまいます。この繰り返しで、奥歯から順番に無くなっていきます。歯が少なくなればなるほど、残った歯の負担はさらに大きくなり、無くなっていくスピードは速くなります。歯止めが利かなくなってしまうのです。

「後でいいや!」「考えたくもない」その気持ちはわかります。ところが、実際に総入れ歯や広い範囲の入れ歯になってみると、あのとき「後でいいや」と考えていたことを腹立たしくさえ思うのです。

後悔する前に

後悔する前に

インプラントは無くなった歯を補うことが目的ではありません。他の歯の負担を軽くすることで、残っているあなたの歯を守ることが目的なのです。しかも、入れ歯の不満から解放されます。物がしっかり噛めます。もうイヤな思いをしなくてもいいんです。
インプラント京都では、これまでに500本以上のインプラント治療を行ってきましたが、問題があって取除かなければならなくなったインプラントはたった1 本だけです。99%以上の成功率なのです。

もちろん保証もございます。ただし、どなたでもインプラント治療ができるわけではありません。
顎の骨の状態やお口の状態があまりにも悪くなってしまった方は、治療をお断りすることもあります。
後回しにしておいても、良くなることはありません。むしろ、状態は少しずつ悪くなります。
後で「あの時に治療しておけば・・・」と、後悔する前に早めの対策をされることをお勧めいたします。