抜歯即時埋入

HOME > 抜歯即時埋入

腫れや痛みが少なく、治療期間も短縮できます

入れ歯による痛みから解放されたい。入れ歯が安定しないので、食事がおいしくない実際に体験された方でなければ理解できないさまざまな不満があると思います。

うまく口内の形に合っていない入れ歯を使用したり、歯ごたえのあるものを強く咬んだりすると、お口の中の粘膜が傷付けられ、強い痛みを感じます。また入れ歯と粘膜の間に侵入した食物が、さらにその痛みを増加させます。
「食べることが楽しくない」と、総入れ歯の方はよくおっしゃいます。「食事をすることの楽しさ」それをもう一度取り戻す方法こそがインプラントなのです。インプラントは、骨があればできますので、上下に全く歯が無くても可能です。お気軽にご相談ください。

抜歯即時埋入の5つの特徴

骨を守ることができます

1. 骨を守ることができます

従来の治療法では抜歯して数カ月待っていましたが、抜歯してから、傷口が治るのを待っていると骨が吸収してしまいます。抜歯と同時にインプラントを埋入した場合は骨の吸収がほとんど起こりません。骨の吸収はインプラントの耐久性に大きく関係することなので、この点で大きなメリットがあります。

2. 審美的に優れています

前歯の場合、骨の吸収がほとんどないため、審美的に優れたインプラント治療が可能です。

3. 腫れや痛みが少ない

インプラントを埋め込む手術時に、歯ぐきを切ったり、めくったりしない為、手術が体に与える負担が少ないと言えます。

4. 治療期間の短縮

抜歯と埋め込みを同時に行いますので、治療の期間が短くなります

5. 手術回数が1回

通常は抜歯後、傷口が治ってから2回目の手術を行います。抜歯と一緒に埋め込みを行うので、通院の回数が減り、患者様の肉体的、精神的な負担も軽くなります。

抜歯即時インプラント 治療の流れ

抜歯即時インプラント 治療の流れ