インプラントとは

HOME > インプラントとは

「第二の永久歯」「第三の歯」とも言われるインプラント治療

歯周病(歯槽膿漏)で抜け落ちたり、虫歯、外傷などで自分の歯を抜歯した時に、なくした場所に麻酔を行った上でインプラント(人工歯根)の埋入手術を行い、その上に人工歯冠(ジルコニア製、セラミック製など)を装着し、かみ合わせや審美性を回復させる事が出来ます。

歯科インプラントは自分の歯と大変によく似た構造をしていて、歯冠部と歯根部とから構成されています。インプラントの構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)の二つに分けられます。この上にセラミッククラウン等の上部構造補綴物(人工歯)が乗せられます。インプラントの素材には、生体親和性(生体とのなじみ)にすぐれた、チタン、セラミックといった素材を主に用いられる為に、安全性の高い治療方法となっております。

インプラントでは今ある自分の歯の寿命を延ばすことが出来ます

噛む力を支える歯が増えることになるので、残っている自分の歯にかかる負担を分散させることが出来ます。また、他の治療法と比べ周囲の歯を削ったり、負担をかけたりすることがないため、結果として今ある自分の歯の寿命を延ばすことが出来ます。

インプラント治療のメリット

自分の歯を守ることができます

自分の歯を守ることができます

歯茎へ直接、第3の歯を埋め込む事になるので咬合力を支える歯が増えることになるので、残っている自分の歯にかかる負担を分散させることが出来ます。そのため、今ある自分の歯の寿命を延ばすことが出来ます。
(「ブリッジ」や「入れ歯」では咬む力を支える歯を増やしたということにはなりません。「従来の治療法との比較」を参照してください。)

よく噛めるようになります

よく噛めるようになります

インプラントの噛む力は、天然の歯と同じです。硬い食べ物も、何の問題もなく噛めます。これまで食事の時に感じていた不満は一挙に解決します。入れ歯では器具をはめているだけの状態に過ぎず、硬いものが噛みにくくて時間の経過とともに調整が必要になったり、入れ歯と歯茎の隙間に食べ物が入るようになったりします。

たいへん満足度が高い治療法です

たいへん満足度が高い治療法です

当センターでは、患者様の満足度が最も高い治療法はインプラント治療です。入れ歯を入れること自体がいやとおっしゃる方はたくさんおられます。入れ歯をいれることにより、ふけた感じがしたり、自分自身が老いてゆくようなイメージを持たれるようです。インプラントはもう一度永久歯がよみがえるのと同じ感覚ですので、入れ歯から、インプラントになった方は皆様が「やってよかった!」と喜ばれます。
詳しくは「患者様の声」を参照してください。

見た目が天然歯とほぼ見分けは付きません

見た目が天然歯とほぼ見分けは付きません

ほぼ自分の歯と同じような機能性を持ちながら、審美的にも優れているため充実感、満足感を得られ易い治療法です。インプラントという土台に乗せる人工歯冠は単に白いというだけでなく、形、溝、透明度、色の濃淡にまで細かく表現されており、仮にのぞき込まれてジックリ見られても、それだけで天然の歯と見分ける事は極めて困難でしょう。(※一部例外的に審美的な回復が困難な場合がありますので、特に治療後の見た目について心配な方はご相談ください)

ブリッジのように歯を削る必要がありません

ブリッジのように歯を削る必要がありません

ブリッジ治療は歯を固定するために、両隣りの天然歯を削る必要が出てきます。天然歯を削るとその歯の寿命は確実に短くなってしまいますが、インプラント治療では歯が抜けた部分だけに限って行うものなので天然の歯へ手を加える必要がありませんので、他の治療方法と比較して現在ある歯を長持ちさせることが可能です。

取り外しなど面倒な作業がありません

取り外しなど面倒な作業がありません

取り外しタイプの入れ歯は、手入れも煩雑で、違和感もあり、はめ込んでいるだけの為に噛む力もあまりでません。またそれ以前に、入れ歯を取り外して容器に入れ、歯を保管したり、洗面所で洗浄するようなこと自体を早く止めたいと感じる患者様も多くおられます。インプラントはご自分の歯と全く同じような感覚で噛め、取り外しタイプの入れ歯メンテナンスを行うような習慣は一切ありません。

自分の歯を守ることができます

入れ歯の時にはなかった笑顔

インプラント治療によって、入れ歯を使用していた生活には無かった様々なメリットを実感して頂けるようになる為、忘れかけていた笑顔が自然と出てくるでしょう。力強く噛んで味わって食事をすることも出来、ご家族、ご友人との会話も楽しくなります。これまでブリッジや入れ歯といった取り外して毎夜メンテナンスしていた煩わしい習慣から解放され、毎日の生活も活気が出て人生が楽しく前向きになります。

インプラント治療のデメリット

体質や持病について
骨疎しょう症などのように骨がボソボソの場合には適用できないこともあります。また、進行した全身疾患(心臓病、高血圧、糖尿病など)を有している場合には外科的侵襲や麻酔のリスクが高いためにインプラント治療が行えないこともあります。
治療期間につい
単純なブリッジや入れ歯よりは治療の期間がかかります。ただ、治療自体の回数はあまりかわりません。なお、顎の骨の条件が良い場合に適用が出来る治療法で「即時荷重インプラント」であれば当日中に歯が入り、歯の機能を回復する事が出来ます。
保険治療について
インプラント治療は高度医療のため、どうしても費用がかかります。
ただ、なんでも咬めるという喜びや、健康を回復できるという事実は費用以上の価値があると、当センターは確信しております。